商圏分析は店舗を出すときには欠かせない調査

新しく店舗を開店するときには商圏分析を行うことが重要です。
店舗は一度出店をすると長い期間周囲の限られたエリアで商圏の顧客を対象にした商売を行います。
出店後は店の商品や接客のレベルアップは可能ですが商圏を変えることは出来ません。そのため店を出すときには条件の良い場所に出店する必要があります。


商圏分析では条件の良さを判断する材料として、商圏人口や交通状況、競合店や車の導線などがあります。

商圏人口が多くても道路や河川、鉄道などよって分断されていたり、人や車の流れが悪くて店へアクセスが悪いと商圏の良い面も十分に活用するのが難しいことがあります。

他にも競合店の存在や店舗物件の視認性、駐車場台数や入り易さなども影響があります。

複雑な状況を明確にして出来るだけ成功する確率が高い出店、開業が可能な立地を探す必要があり、それが出来るのは出店前だけです。
また、既にある店舗の改装を開店の5年後から7年後ぐらいに行うときは、このくらいの期間があると商圏状況も変わってくるため商圏分析を改めて行う必要があります。商圏分析は地域から地区、地点に沿って広いエリアから狭いエリアへと行います。


最初から特定の不動産物件があってそれを調査したいときは、そこに出店するという仮説を検証するようにこの流れに沿って物件を判断していきます。

商圏分析についての情報ならこのサイトです。

分析は多数の商圏を見てきているコンサルタントだと精度の高い分析を行ってくれますが、手順をきちんと行うことで店舗のオーナー自身や開業予定者も行うことが可能です。



外部業者に商圏分析を依頼するメリットは客観的に見ることが出来ることです。



それを自分で行うときは、客観的に見ることを心がけてから、別に率直な意見を言ってくれる身近な第三者の意見も積極的に取り入れていくことで、客観性がある分析を行うことも出来ます。