特定の地域内のビジネス可能性を測定する商圏分析

現代では、チェーン店やフランチャイズなど、多数の店舗を出店し、多くのお客さんを獲得することで、利益が出るビジネスモデルがあります。


店舗を出店するとき、その周囲の環境をリサーチしておくことは、非常に大切です。

人口が非常に多いところでも、ターゲットとなる顧客が住んでいない地域では、出店をしても売上を出すことができません。


実店舗の場合、顧客がいなくても、家賃や人件費を支払う必要があります。

商圏分析を調べるならこのサイトです。

そのため、適切ではない地域に出店すると、赤字になってしまいます。



商圏分析をすることによって、特定の地域に出店した際に、利益を得ることができるか否か分かります。


商圏分析をする際には、分析をする地域の人口だけではなく、男女比や年齢層、世帯数までデータを得ます。
詳細なデータを得ることで、地域に存在する潜在顧客数が分かり、ビジネスが成り立つかどうか分析できます。

また、競合相手となりうる店舗が、立地している場所も、商圏分析をすることで、判明できます。


そのため、ライバル店舗が少ない地域に、出店することが可能になります。

商圏分析で分かるのは、店舗の適切な立地場所だけではありません。



ポスティングチラシやダイレクトメールの適切な配布先も、地域内の人口比を調べることによって、判明させることができます。

また、適切な支店の統廃合の基準としても、役に立ちます。商圏分析を専門としている企業もあり、外注をすることで、地域内の詳細なデータや分析を、知ることができます。