GoogleMapsAPIのメリットとは

GoogleMapsAPIの最も大きなメリットは誰でも無料でホームページに地図を導入できる点にあります。


使用できる地図は日本国内のものだけでなく世界中を対象としています。
GoogleMapsAPIが登場して無料で地図を使用できるようになる前は、地図サービスの提供会社に毎月10万円以上の高額な利用料を支払っていました。しかも地図サービス会社から提供される地図はデザインが決まっていて変更できないのが通常です。

GoogleMapsAPIの場合にはスタイルシートでデザインを自由に変更できます。


地図を利用するための手順としては、まずAPIキーの登録を行います。以前はAPIキーを登録しなくても使用できましたが、現在では必ず登録することになっています。
APIキーを登録したら公開されているコードをコピーしてHTMLファイルの任意の場所に貼り付けます。非常にシンプルな手続でホームページに地図を導入できます。APIとはアプリケーションプログラミングインターフェースの略称です。

最近のGoogleMapsAPIのサイトが登場しました。

ソフトウェアの機能を外部と共有する機能があり、ホームページや他のソフトウェアに機能を埋め込むことができます。


GoogleMapsには関連する様々なAPIが存在します。



GoogleMapsAPIに関連するAPIを使用して地図をよりグレードアップするサービスを有料で提供している会社もあります。


有料サービスは主に企業向けに行われています。

地図にリアルタイムの渋滞表示や乗換案内など様々な機能を追加でき利便性が向上します。